カテゴリ:縁結び


2019/11/22
1300年近い歴史を持つ、朱漆塗りの雅な江戸総鎮守 江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護し、今もなおこうして神田、日本橋、秋葉原、大手町、丸の内など108の町々の総氏神様です。 大己貴命(おおなむちのみこと)だいこく様。縁結びの神様。 国土開発、殖産、医薬・医療に大きな力を発揮され、国土経営、夫婦和合、縁結びの神様として崇敬されています。また祖霊のいらっしゃる世界・幽冥(かくりよ)を守護する神とも言われています。大国主命(おおくにぬしのみこと)という別名もお持ちで、島根県の古社・出雲大社のご祭神でもございます。国土経営・夫婦和合・縁結びの神様としてのご神徳があります。少彦名命(すくなひこなのみこと)えびす様。商売繁昌の神様。 商売繁昌、医薬健康、開運招福の神様です。日本に最初にお生まれになった神様のお一人・高皇産霊神(たかみむすひのかみ)のお子様で、大海の彼方・常世(とこよ)の国よりいらっしゃり、手のひらに乗るほどの小さなお姿ながら知恵に優れ、だいこく様とともに日本の国づくりをなされました。平将門命(たいらのまさかどの
2019/11/21
東京23区内で一番高い山にある神社が「愛宕神社」。1603年(慶長8年)江戸幕府開府の際に、徳川家康の命により防火防災の神様として祀られた由緒ある神社。主祭神は火産霊命(ホムスビノミコト)。防火・防災、印刷・コンピューター関係・IT関係(機械を始動させることを“火を入れる”というため)、商売繁盛、出世、恋愛・結婚・縁結び・・・などにご利益があるといわれています。 オフィスが並ぶ都会の中心とは思えないほど、緑が豊かな敷地に驚きます。(左)火産霊命を祀る社殿 火の神様である火産霊命は “燃えるような恋を守護する”ともいわれています。(右)福寿稲荷神社 宇迦御魂神(穀物・食物の女神)を祭神とする末社です。愛宕神社の見どころ(左)出世の石段 入り口の階段は、馬で一息で登り梅を手折って江戸の‘三代将軍 徳川家光公’に献上した‘武士 曲垣平九郎(まがきへいくろう)’が出世したという話から「出世の階段」と呼ばれています。(右)猪の目 ハートのように見えますが、日本古来からある模様の1つで猪の目(いのめ)といいます。魔除けや招福の意味があるのでとても縁起がいいそうです。歌が刻まれた石と招きの石ここは江

2019/11/21
出雲大社のご祭神・大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)を祀る東京分祠。大国主大神は、「ダイコクさま」と呼ばれ親しまれている福の神。“縁結びの神”として広く知られており、男女の縁を結ぶだけに限らず、幸せのために多くのすばらしい縁を結んでくれると言われています。 六本木の脇道に入った場所にある、近代的な作りで神社っぽくないため、入口を見逃してしまわないように! 出雲大社の拝礼作法は「二拝四拍手一拝」です。まずは祓社で参拝してから神殿へ まず始めに手水で身体をお清めし、祓社(はらいのやしろ)へ参拝して、心身ともに清浄にしてから神殿へ。手水舎(てみずや)①手水舎にて、気持ちを落ち着け姿勢を正しく保ちます。 ②柄杓を右手に持ち水をとります。左手にその水を注いで洗いましょう。 ③今度は柄杓を左手に持ち、右手を洗いましょう。 ④そして左手の柄杓を右手に持ち替え、左手のひらに一口分の水を受け、口をすすぎます。このとき直接柄杓に口をつけてはいけません。そのまま左手を洗いましょう。⑤柄杓を立てて洗い流し、柄杓を元の位置に戻します。御神前の拝礼作法は、他と違う「二拝四拍手一拝」①手水舎にて、気持ちを落
2017/12/20
こんにちは。 地元湘南エリアでの地域イベント・ラジオ・モデル出演などをしている大淵麻衣子です。ジョワーヌ東京での連載も三回目。今回は鎌倉エリアに照準を絞って、新年にぜひ訪れたい、パワーやご利益・・・