カテゴリ:夫婦和合


2019/11/22
1300年近い歴史を持つ、朱漆塗りの雅な江戸総鎮守 江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護し、今もなおこうして神田、日本橋、秋葉原、大手町、丸の内など108の町々の総氏神様です。 大己貴命(おおなむちのみこと)だいこく様。縁結びの神様。 国土開発、殖産、医薬・医療に大きな力を発揮され、国土経営、夫婦和合、縁結びの神様として崇敬されています。また祖霊のいらっしゃる世界・幽冥(かくりよ)を守護する神とも言われています。大国主命(おおくにぬしのみこと)という別名もお持ちで、島根県の古社・出雲大社のご祭神でもございます。国土経営・夫婦和合・縁結びの神様としてのご神徳があります。少彦名命(すくなひこなのみこと)えびす様。商売繁昌の神様。 商売繁昌、医薬健康、開運招福の神様です。日本に最初にお生まれになった神様のお一人・高皇産霊神(たかみむすひのかみ)のお子様で、大海の彼方・常世(とこよ)の国よりいらっしゃり、手のひらに乗るほどの小さなお姿ながら知恵に優れ、だいこく様とともに日本の国づくりをなされました。平将門命(たいらのまさかどの